月別: 2013年7月

リーグ規約7月27日改訂

■ 2013年度リーグ規約 (2013年7月27日改訂)■

 

・名称

神戸サタデーベースボールリーグと称する。

 

・目的

リーグ優勝を競うと共に、楽しく一生懸命をモットーに、スポーツマンシップにのっとり参加する誰もが楽しめるリーグにし親睦を高める事を目的とする。

 

1 参加資格

1)リーグへの選手の参加資格としては、登録制を採用する。(抹消及び新規・変更時は速やかに連絡のこと)

2)追加登録選手として許可できるのは、ユニホーム有の者とする。

3)チームとしてユニホームが統一され、マナーの良いチーム。

4)グラウンドを確保する能力があることと、積極的にリーグの試合を行う意思があること。

5)約束ごとが守れるチーム。

6)社会人チーム(学生チーム不可)で18歳以上、性別問わず。

 ※18歳未満の選手登録は、チーム構成で18歳以上が9割以上の場合のみ特例で認める。

 

2 年会費

年会費/賞金はチーム代表会議により決定。

1チーム20.000円、2012年3月下旬までに納める事。(期限未納チームは不参加とする)

           会計幹事 (ジャンキースチーム)

 

3 開催期間

1年を1シーズンとし、2月頃~12月初旬の期間とする。(1月はチーム個別に連絡を取り開催可能)

基本的に土曜日とする。(日祝日可)

 

4 対戦方法及び試合数

1)Aブロック8チーム、Bブロック9チーム、の2ブロック制

 ・A、Bブロック、各一回戦総当り、計16試合。

2)A,B総合優勝有り。(可能であれば)

3)今年度(12年度)総合順位にてABブロックに振り分け。

 ・新規参入チームはBブロックとする。

4)状況により大会の試合数は代表会議において大会開始前に決定。

5)必ずメンバー表の交換を行うこと。(助っ人がある場合は助っ人と表記する)

6)試合組み合わせは代表者会議若しくは各チームが個々に交渉して決定する。

※原則として月2試合以上を心掛ける。

 

5 順位

1) 勝ち点制(勝:3点、負:0点 引き分け:1点

※勝ち点が同点になった場合、勝利数・得失点差の順で順位を決める。

2)AB混在で総合順位を決める

3)不戦敗0点(1週間以内のキャンセルは勝点-3点)

4)引き分け(時間切れ及び7回終了時)とする。双方勝ち点(1点)

 

6 個人成績

打者の規定打席は、試合数×1.8打席とする。投手の規定回数無(打席以上)

 

7 表彰 (賞金)

1)賞金は全チーム無し(ABブロック共通)

 各ブロックの優勝チーム/総合優勝チーム/トーナメント戦に盾及び商品

2)首位打者・打点・盗塁・最多勝利投手・最多本塁打王(柵越えとする)。

 ※ランニングホームランは参考記録。

 

8 審判

1)攻撃チーム(主審)なるべく、ルール熟知の人を選出。

2)ストライクゾーンを広めに。(審判に対して確認は捕手のみ許可)

※ボールは内角一つ外角一つ高低一つ

3)日程が空いている他チームのメンバーは第3者として試合の審判を可能な限り積極的に出来る限り行う(依頼又は審判の申し出)。

※主審判員には各チームより謝礼金を支払う(\1.000x2)審判員の参加人数にて分配。

4)攻撃側審判時に、判定に不服がある場合は、代表者同士で協議して審判を交代する等の処置を施し互いが公平  に楽しく試合が行える環境を作るよう努力すること。

5)第三者審判への抗議は禁止とする。

※ストライクゾーンでの判定に対して抗議や不服そうな態度を確認した場合は、審判の権限で退場処分とする。

4)5)の事案が発生した場合は速やかにリーグに報告すること。

 

9 グラウンド球場

全チームはグラウンド確保に努力すること。(対戦相手と相談して決める)

球場代は原則として対戦チーム同士で折半、及びグランド整備は両チームが行うものとする。

 

10 ユニフォーム

ユニフォーム(上下)の統一・帽子(ロゴ)着用の徹底。(ヘルメットは各自の判断に任せる)

※ユニフォーム・帽子が統一されていない選手は助っ人扱いとする。

※助っ人やユニフォーム持参忘れの場合のジャージでの参加は特例として認めるがその場合は必ずリーグに報告すること。

※ユニフォーム下に関しては、原則色・ラインも揃える事とするが、同色の場合は特例としてライン

 が不揃いの場合でも可とする。

正規部員の試合当日のユニフォーム・帽子忘れについては該当部員を助っ人として出場。

 

11 スーパーDH・特別ルール

参加者全員で打席を回すことを特別認可する。(助っ人以外の守備と入れ替えは自由)

※遅刻等で遅れ参加は打順最後尾で例外とする。

 (相手チームに必ず報告すること)

違反チームは試合当日、後日に拘わらず発覚次第即不戦敗

 

12 助っ人

1)登録選手が9名揃わない場合に限り、バッテリー以外の助っ人を3名まで参加を認める。

2)打順は最後尾、ユニフォーム着用の上相手チームと検討し、臨機応変に対処すること。

守備配置 一人目(ライト)二人目(セカンド)三人目(ファースト)

※助っ人の守備位置・打順が規約通りに配置されずに試合を行った場合は、試合前後に拘わらず不戦敗

2) 1)に対して已むを得ず助っ人参加依頼 したが当日に登録選手9名以上参加可能 となった場合は特例として助っ人参加を 認める(守備は助っ人規約2)での守備配置で出場可能)

 

13登録重複選手について

 2013年度より重複選手の登録人数を2人までとする。

※選手1人の重複登録チームはメインとサブ(リーグ登録者)の2チーム。

 登録後の試合出場後3カ月間は重複登録選手の入れ替え登録は認めない。

重複登録選手の守備位置は投手・捕手以外の守備とする。

・不正発覚時は不戦敗

 

14 キャンセル

1) 試合予定日の10日前の22時迄とする。

2) 同一カードでの延期は1回のみ。2回目は不戦敗

3) 1週間を切ったキャンセルは不戦敗に加えて勝ち点-3点

 ※球場使用料は対戦チーム双方で臨機応変に対処

 

15試合球

新型軟式球A号2球を各チーム提出(中古でもOK)し、試合中紛失したボールは紛失チームが補充する。

(相手チームと検討の上試合球を決定)※公認球以外の練習球の使用は不可

 

16中間成績

数試合おきにチーム・個人成績等を提示発表する。(試合の進行状況により、1~2ヶ月の間)

 

17 試合不成立

試合開始時に選手が9人揃っていない場合は不戦敗とする。(個人成績を考慮して試合は行う)

球場が雨天等により使用出来ない時。(速やかに管理者に報告する)

 

18 試合回数

1)試合は2時間7回制で行い終了20分前を経過すると新しいイニングに入らない。

 ※コールドゲームは無し。

2)時間短縮の為、投球練習は7球(初回))、5球(交)、3球(各回)とする。

3)ボークは1回目警告、2回目ボークとし、けん制球は即ボークとする。

 

19 試合結果

試合終了後は1週間以内メールにて必ず連絡すること。(別紙記入用紙あり)

 

20 試合成立

1)4回表裏が終了した時点とする。

2)試合途中、時間切れの場合は前の回までの全記録を採用する。(得点・個人成績)

3)表・裏攻撃側が同点に追いつき時間切れで成立しない場合は引き分けとする。

4)怪我人等が発生して9人を下回る場合は特例として相手チームより借りることができる。(打撃は残った者)

 

21規約違反について

1)規約違反が発覚した場合は、リーグ会議にて処遇を審議し決定する。

※基本的には規約に従った処分とする。重大違反・事案は都度、緊急リーグ会議を開催し審議する。

2)公式戦を開催する上で、現場裁量での判断行為は一切認めない。リーグ規約に従い公式戦を行う。

※現場裁量行為にて規約違反を犯したチーム・または助長したチームが発覚した場合は前項に従い緊急リーグ会議にて処遇を審議し決定。

 

22 中途脱退

1)リーグ運営上問題ありと思われるチーム、又は規約違反のあった場合、各チームの理事により議論し脱退させることができる。

2)チーム事情により、試合が困難と判断した場合。

3)中途脱退したチームが出た場合の試合は、勝負(消化)に関係なくそのチームとの対戦は無効とする。ただし、試合が成立した個人記録は採用する。

4)年間費は一切返金しない。(ただし当リーグが成立することが前提である)

 

その他

1) リーグ理事は代表者会議常時出席者とする。(無断欠席チームは次年度のリーグ参加を認めない)

2)怪我等には特に注意して下さい。各チームで保険に加入をおすすめします。

(当リーグでは一切責任は負いません)

3)球場において出した空き缶・吸殻・ごみ等は、必ず各チーム清掃しマナーの向上に努めること。

4)ヤジ等厳禁。

5)基本的ルールは日本軟式野球ルールに準ずる。

6)試合中に発生したトラブルや問題点は臨機応変に、両チームとも紳士的に話し合い判断する。

7)試合開始までに参加出来ない選手もメンバー表に最後尾に記入、及び記入漏れの場合は必ず申告のこと。

8)規約はチーム会議にて投票し多数得票により変更有り。

7月27日 リーグ会議議事録

開始時刻19時30分~20時25分

欠席チーム(道楽・デンジャラス野球倶楽部)

①試合組み合わせ

②規約提案 無記名投票により最多得票提案を採択 ※欠席チーム2チームは決定規約に委任

・ストライクゾーン

通常ゾーンより内外上下でボール一個分広くするに変更

・助っ人 1助っ人の守備位置について

現状通り1人目ライト・2人目セカンド・3人目ファーストで決定

2正規メンバー9人揃っている場合の助っ人の守備について 助っ人規定

(1人目ライト・2人目セカンド・3人目ファースト)の守備での出場可に 変更。

・ユニフォーム

原則統一にして、ズボンのみを色が同じならラインの有無までの規制はなくすで決定

・正規メンバーの試合当日の帽子・ユニフォーム忘れについて

現状通り助っ人扱いとするで決定

・規約違反について

規約違反があった場合は、都度リーグ会議で審議し処分を決定する。

・規約違反をしていても現場サイドでの裁量でOKか?  

認めないで決定。

以上の規約を即日施行。

③リーグ組織確認について

・リーグ代表制についての存続か廃止か  

12票で存続決定

・2014年度リーグ総代表  

立候補者 ジャンキース 米田  

信任投票 13票で来期リーグ代表決定

※リーグ内組織の編成・役割分担等の決定は次回リーグ会議にて決定。

④2014年度参加チームについて参加条件

・本日決定した規約を含めたリーグ規約を順守すると確実にお約束頂けるチームのみ参加お願いします。 ・第三者審判を尊重して頂けるチーム ・10月31日迄にリーグ代表 米田に連絡。 ※10月31日迄に返事のないチームは自動的に来期不参加決定。

⑤第三者審判(公式審判員含む)について

7月20日現在 リーグ戦73試合消化 内47試合が第三者審判(65%) リーグ戦を気持ちよく行うために審判して頂いた方々に厚くお礼申しあげます。

※しかし、残念ながら一部に第三者審判のえこ贔屓を訴えた代表者がいる事が判明。審判に対して失礼過ぎる発言である事を指摘。今後は、考えを正して頂き、メンバーにも第三者審判を尊重するよう徹底指導して頂くようお願いする。

⑥次回会議

11月の何れかの週に開催予定(日程は追って連絡)

※11月の会議は2014年度参加チームのみ出席お願いします。